スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

センチュリー21

centuri21body.jpg   centuryree.jpg
瑞穂制作所 2-2号機 TYPE-A

     BIG      REG
設定1 1/312   1/349
設定2 1/294   1/303
設定3 1/270   1/250
設定4 1/244   1/222
設定5 1/222   1/220
設定6 1/217   1/200



基本的なリーチ目等はリバティベルIIIとほぼ同じセンチュリー21
最大の特徴はなんといっても、完全確率方式を義務付けられた二号機でノーマルなのに天井がある!
BIG後1023Gハマれば次Gに100%BIG成立します。
途中、REG成立に気付かず回したらその分、遅れる&一枚掛け不可だけれど。
更にBIG後、529Gからは33G毎にボーナス確率がアップする=チャンスゲームもある!
なぜ完全確率でこんな抽選が出来るのかと言うと、0~1023の範囲で1Gごとに一つずつ進む乱数A、乱数Aを元に生成される乱数B、乱数BとRレジスタ(抽選用のルーレットみたいなモン)を掛けた乱数C、乱数Cに何か数値を掛けたり割ったり足したりした乱数Dで抽選を行うが、乱数Aの数値によっては乱数Cの処理の一部をどーにかこーにかしたりして…ま、まぁとにかく天井がありますw
このプログラムを組んだメーカーの技術が高かったのか、見抜けなかった検査機関がマヌ…拙かったのか分かりませんが、公的な検査機関が出し抜かれてやんのwww
こんなんだからメインプログラム部分に関しては何時まで経っても容量の増加が認めなれないんですね。
ユニバ系名物のデカイ7とテンパイ音演出もセンチュリーが初搭載。
当時のスロは本当にリールも絵柄も細かったから、この7を見て笑った人も多いはず、です。



センチュリーと言えば宮城のE店。
初めて行った時は先客がいて、かつ時間が無かったから打てず。
二度目に行った時は剣七怪鳥のサイトで「早く行かねぇーとセンチュリーは打てねーぞ」と脅されていたので、08:00には開店待ち!
開店と同時に一人で入場というお約束(笑)。
残念ながら?天井には達しなかったけれど、700G台のチャンスゲームでブッタかり(テンパイ音=リーチ目ね)ニコニコでした。
スペックみてみ?これに天井とチャンスゲームもあるんだよ。
更に6ならコイン持ちも大幅にアップしちゃいます。
この程度のスペックで充分だと思うんだがねぇ、スロは。
爆裂裏物も好きだけどさw

スポンサーサイト

2006年07月22日 パチスロ トラックバック(0) コメント(1)

フィーバー・フェスティバル

a18c.jpg
SANKYO
大当り確率 1/240
賞球 7&15
平均出玉 2400個
連チャン 数珠



でっかいドットデジタルが目をひく数珠連機。
大当り抽選は、1/24の一次判定と1/10の二次判定で24×10=1/240、となります。
二次判定が省かれ1/24で大当りするのが天国モードで、通常当たりから2/21で突入、2/3で継続です。



とある日、目覚めると猛烈に歯がいたい!
頬が腫れあがっているのが触らずにして分かる程に痛い!!
もー頭までガンガンくる程にいたいYYYYYYYYYYYYYYYYYY!!!!!!!!!
で、歯医者に行ってから行きま~す、と会社に電話して保険証を持っ…ない?
ないYYYYYYYYYYYYYYYYYY!!!!!!!!!
あ、会社に置きっぱなしだorz
泣きそうになりながら会社に行くと、上司先輩が口々に「腫れてんな」「顔色まで悪いぞ」「大丈夫か」と優しい言葉。
「もー今日は歯医者に行っても治まらないだろ、休め」
「はいyyy…すいまぜん」
しかしこれが歯医者に行って歯茎をグチャグチャされますと(激痛かった)嘘の様に全快!
劇的なまでの快復具合に感動!
年休が半日単位だったから休むのが吉、と向かった先はパチンコ屋(笑)
そこで初めてフェスティバル(やっとパチの話)を発見。
「SANKYOって事は保連機だよな」
とりあえず500円で777(無制限)GET!で保連なし。
が、即数珠でラッキー!保連なし。
また数珠でラッキー!保連なし。

1000個位の打ち込みで当たり、保連なし。
即数珠でラッ…って数珠連機???なのか???
これが数珠&保連おりまぜ九連チャン!しましたとさ、めでたしめでたし(なんつー話の締め方)。



2/3継続の数珠連はそれなりに強烈だったけれど、突入率の低さからかイマイチ人気がなかった機種でした。
個人的には好きでしたけどね。



2006年07月20日 パチンコ トラックバック(0) コメント(2)

フィーバー・クィーンII

あれ~???
画像がUSB内にないぞ~??

SANKYO
大当り確率 1/254
賞球 7&15
平均出玉 2400個
連チャン 保連



通常のデジパチではどんなリーチでもハズれはハズれ(変な日本語)。
この世のありとあらゆる予告演出が出現し、7|7と来て、リーチアクションを4時間位ひっぱったあげくに
7|7|6.9
と来た場合でも内部抽選的にはハズれはハズれ、惜しくも何ともない訳ですよ。
がしかし。
このクィーンは先ず右出目と左出目を決定→リーチにならない場合は中出目を数値xで決定、リーチになる場合は中出目を数値yで決定→このyがリーチに対応した大当りとなる数値であれば大当り!

…わかりづらい

でも理解して下さいorz

つまりクィーンの場合、リーチは本当にチャンスになるんです。
二つの中出目(数値)で大当りとなるWリーチは見たまんま、シングルリーチの倍、当たりやすい!
更にこのリーチ時のサウンドがドッキドキ!
この様子はいつもお世話になります、nob様のblogにて御覧下さい。

大当りパターンは、
・そのまま停止
・2コマ前で停止→2コマスベリ
・1コマ前で停止→1コマスベリ
・1コマ過ぎで停止→1コマ戻り
・1コマ過ぎで停止→更に一周
の5パターン。
個人的に熱かったのは半コマ戻りで、これにて当たる時は行き過ぎたドラムが「ぷるぷるぷる」と震えている~~~この瞬間が◎
俺のクィーン初当たりは停止後に一周するパターンで、
「リーチだ…ドキドキ…きたきたきた~!!!…んだよ、ハズレかよ」
と、視線を落とすと保留玉が点灯していたのにドラム回転音がしない。
???
はっとドラムに目を向けると音もなく動いてるドラム!この無音もたまんないっすよ、ほんと!
あんまりにも印章深くてハッキリと覚えてる(笑)。
店はHERO、角台で投資は1500円で、当たり出目は青7でWった、まで覚えて
る。
ここまでハッキリと初当たりを覚えているのはクィーンだけです。



ほとんどの保連機は何らかの条件で保留玉を大当りに書き換える、という方法で連チャンを発生させていたんだけど、クィーンはこれもまた独特で。
それは保留玉でリーチがかかると中出目の停止位置を数値0に書き換える、という物。
それがどうしたって?
この数値0、
・下段FEVER
・上段エース
・右上がりJOKER
・右下がりJACK
以外のリーチなら大当り!
つまり連チャンを奪取するには先ず自力(つーのも変だが)でリーチをかけなきゃイカンのです。
でも上記4パターン以外のリーチがきますと、ただでさえ熱いリーチが更にアッツイ!
上記4パターンでもリーチである以上、1/22で当たる(中出目は22コマだから当
然)し。
書き換えは大当り終了後、必ず行われる訳ではないのでハズレもあるんですけど、それでも十分に熱い。

と堂々と説明しながらも、これについては疑問あり、つまり正確性に自信なし。
まぁ↑はこのblogの特色なんですけどね(笑…っとくよ)。
保1で赤7中段リーチハズレ→保3で当たり
なんてパターンの連チャンもありましたからね。
やっぱり保留玉でリーチがかかった後に数値を0に書き換える抽選していたのかな?
手元に詳しい資料がないのでなんとも・・・。



打ったね、これは。
パワフルIIIよりもたくさん打ったね。
何故かと言えばクィーンは中段7揃いで無制限って店が多く、これを引くのが上手だったからw
パワフルのオールフルーツは引くのが下手だったからw
オカルトっちゃあオカルトだけど相性とか思いこみって実際にあるでしょ?
俺なんてホール回っていてデータ的には打つべきでない台に突然、
「俺を打て、稼がせてやる」
って呼ばれたりもするし、これまた実際に勝率が高いしね、そんな時は。
あれっすよ、俺は犯罪者になった場合ちゃんと責任能力ありとされる人間ですから。
ふら~と店にはいると女王様が「いらっしゃい」と妖艶にささやく声がきこえてたんですよ、俺には。
・・・やっぱ精神鑑ry

2006年07月19日 パチンコ トラックバック(0) コメント(1)

フィーバーパワフルIII

6c98.jpg
SANKYO
大当たり確率 1/240
賞球     7&15
平均出玉   2400個 
連チャン   保連



つい最近「パワフルチャンスさえなければ満点なのに」的な後継機が発売された連チャンデジパチの名機。
当時のパチ屋で開店待ちをしていると、

サンキョーでーす、よろしくね。
ポポポポポポポポポポポポポポポポ←足音
あ~ん。
美味しい~。
フィーバーパワフル!

デジパチ初採用(かな?)の合成音声が延々と流れていたものです。
連チャンは特定の条件などなく、初当たりでは保1以外が1/16の確率で大当たりに書き換え、保4以外で連チャンすれば全ての保留玉を書き換えるという方式で発生していました。
大当たり絵柄は、
左上・右下
各列真ん中
左下段・右上段
の順に停止する9マスデジタルのどこかで7が一直線に揃うか、9マス全部にフルーツ絵柄が停止するオールフルーツ。
絵柄組合せパターンは全部で49億通り!
オールセブンで当たった曉には大当たり後に三分程、画面が停止したとか。
撮影する為の親切設定なんだろうけれど、当時はカメラなんて持ち歩いている人は稀だったからねぇ、実際には撮影出来ないよねいやそれ以前にでねぇよねこんなんはね。
でも実際に出した人もいるとか。
友達のKが7個まではだした事があるんだけどねぇ・・・ってこれでも充分に凄い。
オールフルーツで当たれば以後、無制限って店が多かったんだけれど、下北の某店ではオールセブンが無制限絵柄に指定されていたのも印象深しw

今時のパチと違ってリーチはひとつのみ。
パネル上部にいるキャラクター夢々ちゃんの「リーチ」の声から三周目に停止するんだけど、7の手前にあるメロンを超えた瞬間のドキドキ感が◎!
オールフルーツリーチの場合のメロン越え→7停止の脱力感、というか「7でもいいやん」感も良し(良くない)。
ドキドキするのにスーパーリーチなんか必要ないんだよね。
このリーチの様子はnobのおもちゃ箱にて御確認を。
nob様、多謝です!

兄弟機としてゲーム性は同じで大当たり確率が甘い(1/220だったか?)F・パワフルIIや、内部確率等は同一で江口寿キャラデザインのF・ガールズ
e99b.jpg
もありました。
F・パワフルIIの方は見た事がない、以前に設置されたのかどうかも怪しい。
ガールズはぼちぼち設置されていたけれど、やっぱりパワフルIIIが圧倒的に設置されていました。








2006年07月11日 パチンコ トラックバック(0) コメント(2)

ミラクル

miraclebody.jpg  miracleree.jpg
尚球社 3-1号機 TYPE-A


・期待値方式
・MAXBETボタン
・払出がない1確目
この三つの「パチスロ史上初」を搭載したのが尚球社の三号機、ミラクル。
それぞれについて説明すると、
・期待値方式
1~3号機までの機種はボーナス時の獲得枚数がほぼ一定になる純増方式が採用されていました。
1.5号機には狙いようによって多少、獲得枚数が増える機種(ハイアップ等)や大量に増える機種(ファイアー等)もあったけれど基本的には360枚程度で統一されていました。
リノを例にしますと、小役ゲーム2回→ボーナスイン→小役ゲーム5回→ボーナスイン→小役ゲーム8回→ボーナスイン→終了、てな感じでBIGを(ほぼ)毎回消化していた訳です。
しかしミラクルは三回目のボーナスインが10G・15G・20G・25G・30Gのいずれかに振り分けられちゃいます(振り分け率は1/5)。
777→小役ゲーム4回→ボーナスイン→小役ゲーム4回→ボーナスイン
ここまでは一定で、三回目のボーナスインが、
10Gなら平均377枚
15G    430枚
20G    494枚
25G    548枚
30G    605枚
の獲得。
BIG一回につき平均490枚の獲得・・・改めてみるとスゲー甘い機種だったのか?
コイン持ちが悪かった印象はないし。
BIG中の払出は1/1.06で揃う15枚役(miracle・miracle・miracle/黒miracle。画像用意しなきゃ)がメイン。
BIG中はその15枚役を狙う為&ボーナスイン時にも15枚を獲得する為に右リールに黒い固まりを狙う→中左フリーの逆押しをする必要がありましたが、これはこれで良かったと思うんですけどね。
まぁなんだ。
いつもの「射幸心を煽る」との理由でこの機種のみしか採用されなかった三号機の期待値方式です。
・MAXBETボタン
今やこれを搭載していない台なんて無いけど(むかつく事に三枚掛け専用なんていうふざけた機種ばかりだし)初期四号機にすら非搭載の機種がたくさんあった事を考えると尚球社の先見性って凄いね。
昔は三枚掛けの為にBETボタンを三回押さないといけなかったですよ~、別に面倒でもなかったけどね。
・払出がない1確目
これ。
史上初の1リール確定目はスーパーバニーガールの中段チェリーだけど、払出なく「ズバっ」と停まる1確はミラクルの「BAR・miracle・7」
これまた画像を用意しないといけませんねぇ。
とにかくココが停止すればBR共通のリーチ目!
これ。
これいいねぇ。
他にも、
中段チェリー
7の中段・右上がりテンパイ
REGの中段・右下がりテンパイ
の二確(リノと同じだった様な)。
左切れ目じゃない方のmiracle・7・オレンジ停止は1リール小役ハズレ目。
でも通常時の払出はオレンジがメインなんで特に熱くはなく、(15枚取りこぼしもあり)その代わり、
BAR上段・青リンゴ下段のWテンパイハズレ
左miracle・プラム・青リンゴからの右下がりmiracleテンパイハズレなどは熱々です。



そんなに打った事がないんだよね~、ミラクル。
新宿で何度か打った記憶はあるけれど。
かなり面白げな機種なのに・・・。


2006年07月11日 パチスロ トラックバック(0) コメント(1)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。