スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

パックンザウルス


西陣

画像はパックンザウルス
賞球7&13でV入賞時にデジタル抽選有り。
貯留ありで15回継続の「B」か貯留なしで8回継続の「N」で出現率は1:2
兄弟機のパックンザウルスP-2は賞球5&11でデジタル抽選無しの貯留有りの8R継続

役物中央のザウルスくん(仮名)が首根っこを押さえ付けられて抵抗しているかの様に左右に首を動かしていまして、この首が球の通り道(こういうのはどう表現すんだ?)。
ザウルスくんの顔がVゾーン正面、真ん中を向いていた時がメインの入賞パターンです。


説明に関する話では、
いつも いつも
自分の筆下手が気になりますな


デジタル抽選ありのパックンザウルスは見た事もないけれど、P-2の方は打ちまくり!
当時は電車通勤をしていたんだけれど、降車駅目の前にあった店が18:00に終了台の開放をしていて、その台を打つだけでなかなかの稼ぎになったもんで。
大当り一回毎の出玉がそんなに多くない、デジタルの片寄りなんかもないで、終了台=優秀台だと素直に判断すれば良かったんだよね。
何より、店自体が今より出してた時代だったし。
新装連発、過剰サービス用の店員なんかが当たり前になって、経費が嵩んじゃう様になる直前だったからね。



K店のパックンザウルスで忘れられないのが、打っていて仲良くなった常連のオバアちゃん。
もう年金生活している人だったんだけど、若い時分から続いたパチンコ歴は30年以上!
きっちり勝っていて釘読みも完璧!
「もー体がキツイから、月に30万も勝てば休んじゃうけどね~」
って、俺の給料より稼いでる!
しかしこのオバアちゃんと仲良くなってからは俺の収支も上昇(笑)
パックンザウルスを打ち止めにして帰ろうとすると、
「スーパーコンビの○番台、打ってきな」
これがまたちゃんと勝てるんだよね、さすがに。
「時間遅いからどうかと思うけど、○○の○番台は今日の開け台だよ」
60過ぎなセリフとは思えません(笑)。
当時は同棲していたから毎日は打てなかった&普通に働いていた&学校にも行っていたのに勝てていたのは間違いなく、オバアちゃんの御蔭でした。
今でも元気に打っていて欲しいな~。

2006年04月23日 パチンコ トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。