スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

キューティーバニー


ニューギン 三回権利物
大当り確率 1/330
賞球 7&15
平均出玉  6000個



6000発の出玉が数珠連もしちゃう爆裂権利物。
等価なら二連チャンで、
6000×2×4=48000円也!
モーニングからの連チャンなら朝一三十分もしない内に五万円もの銭が…って、これだけを読むとパチンコって恐ろしく感じちゃうね。



さてその仕組みと条件ですが、通常時は1/330で大当り判定が行われています。
で、当たれば二回目と三回目は確率十倍アップの1/33で当たり判定…となるはずなのですが、一~二回目の最終ラウンドでアタッカーに九個以上の入賞があれば大当り確率が1/7まで跳ね上がっちゃいます!
そして権利三回目の16Rに九個以上入賞し更に1/7の連チャン抽選をクリアしますと、次回の大当りも確率も1/7に。
もー即連ですよ、即連!
毎回の様に九個以上入賞がある釘調整だった日にゃ、権利消化中のハマりもほぼ無い上に毎回々々、連チャンのチャンス!
つまりアタッカー周辺の釘調整(と九個以上ブチ込む運w)がかなり重要な機種でした。



仕組みからも分かる様に店側が意図的にモーニングを入れる事が可能な為(なんか一々、権利を消化しなくても特定の操作でモーニングセットが出来なかったっけ?記憶があやふやなんだが)、それがあるキューティーバニーのシマは朝から鉄火場に!
でも探せばあるんですよ、しっかりとモーニングが入っているのにガラガラな店が。
その店で忘れられないのが当時、付き合っていた彼女を連れて行った時の事。
このコは頭に「超」がつくほど真面目なコでパチンコ屋なんて行った事がなく、俺も連れて行ったりはしなかった(つか彼女連れでパチ屋行きなんてほとんどしないが)んだけれどある日珍しく、
「パチンコ屋、行ってみん?」
「うん、いいよ。社会勉強としてw」
てな感じでパチ屋に向かい、座ったのがキューティーバニー。
二人並んで着席し、金を渡しながら、
「勝ったら山分けね」
「え~勝てる訳ないやん。私、初めてやし」
「いやいや、ビギナーズラックってマジあるけん目茶苦茶、勝てるかもよ」
「無理無理(笑)」
で、だ。
残念ながら俺はスカったけれど彼女は見事にモーニングゲット!
あたふたしながらもニコニコと権利を消化する彼女。
で連チャン。
また連チャン。
またまた連チャン。
6000×4×3=七万以上…で終わらないのがビギナーズラックの恐ろしさ。
連チャンを抜けても大してハマらずにまた大当り。
単発…かと思えば自力数珠→連チャン…なんだかんだで十五箱程、積んでやがる(笑)。
でも彼女はまーったく、事の重大さに気付いてなくて、
「たくさんでたね~、これなら勝ってるよね?山分けだからね~w」
「勝ってるも何も十万以上あるよ」
「またまた~ww」
こりゃ換金する時まで本当の事を教えない方が面白いな、という事で最終的には換金じゅうさんまんえんなり…ビギナーズラックおそるべし(笑)!
「はい、これをあっこに差し入れて」
交換所の小さな窓から金がでてきた瞬間、二秒くらい固まる彼女(笑)
「はい、山分け」
「…い、いい…いらない」
そりゃ驚くよな(笑)
ちなみにこのコには後日、スロでも驚かされるんですが、それはジョーカーの時のネタに取っておきます。


2007年02月23日 パチンコ トラックバック(0) コメント(1)

ご無沙汰してます。
ICOさんのブログ、OASIAのHPにリンク貼らせて頂きました。今後ともよろしくお願いします。

2007年04月13日 kenzi@OASIS URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。